【速報】ネ申義塾高校が春の甲子園初優勝

^^

2021年9月12日、加藤純一率いるネ申義塾高校(大阪)が、春夏通じて初の甲子園優勝を果たした。パワフル新聞が「悲願達成!春初優勝」と報じた。

ネ申義塾は、昨年春の甲子園に初出場し1回戦敗退、秋はベスト8で敗退。今年の春の甲子園で、昨年の雪辱を晴らし優勝旗を持ち帰った。

先発は藤浪くん(2年)。初回こそ1点を失うものの、その後は安定したピッチングで9回を1失点5被安打に抑えた。

決定打となったのは5回裏、1死2・3塁で迎えた加藤純一くん(2年)の本塁打。

この本塁打について試合後にインタビューされた加藤くん(2年)は、「やはくタイムシフト見なきゃ…」とその時の心境を語った。

終わってみれば、5-1でネ申義塾高校の圧勝。

キャプテンを務める加藤純一くん(2年)は「苦しかった。」と、戦いの苦しさを少ない言葉で語った。

夏の甲子園にも期待がかかる。

夏の甲子園は明日(2021/9/12夜)放送予定。

優勝をよろこぶネ申ナイン

<甲子園の戦歴>

決勝 5-1 桜島学園(鹿児島)

準決勝 6-1 吉野が丘商業(佐賀)

準々決勝 3-1 日高中央(高知)

2回戦 5-4 三原(広島)

1回戦 6-2 石狩第一(南北海道)

コメント

タイトルとURLをコピーしました