今年の漢字は「金」、加藤純一の金ネジキクリアを反映

雑記

一年の世相を表す「今年の漢字」に「金」が選ばれ、京都市東山区の清水寺で13日、日本漢字能力検定協会が発表した。

「金」が選ばれたのは2000年、12年、16年に続き4回目。

スポンサーリンク

選出理由は「金」ネジキ

金ネジキをクリアした加藤純一氏

日本漢字能力検定協会は、応募者が「金」を選んだ理由の概要を説明。

人気Youtuber加藤純一氏が、ゲーム『ポケットモンスター プラチナ』のバトルファクトリーに登場するネジキを倒す企画、通称「金ネジキ」クリアしたことを選出の理由に挙げた。

また、金ネジキクリア時、Youtube最高視聴者数423,927人(398,352人より修正)の「金」字塔を打ち立てたことも、今年のハイライトとして挙げられるとした。

「今年の漢字」は1995年に始まり、今年で27回目。師走の恒例イベントとなっている。

清水寺の森清範貫主は「4回目の金。金に負けない輝かしい1年になるよう来年も努力していきたい。ねもうすちゃんねるマジで」と語った。

加藤純一氏のファン・信者衛門の間では「金ネジキの金なら納得」「これは文句なしに今年の漢字」と、加藤純一氏の活躍を褒め称えるツイートで溢れている。

加藤純一氏は2021年12月、Youtubeチャンネル登録者数が100万人を突破し、勢いは衰える所を知らない。

2022年も加藤純一氏の活躍に期待したい。

参考:【朗報】加藤純一、金ネジキをクリアする

※この記事はフェイクニュースです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました