加藤純一の愛車・ポルシェ・カイエン【価格・年式・型式など】

まめ知識

人気配信者うんこちゃんこと加藤純一。

彼は、2021年3月にポルシェ・カイエンを購入した。

スポンサーリンク

基本情報

ポルシェ カイエン

型式:958型

2代目カイエンと呼ばれるもので、2010年~2018年にかけて製造・販売されたもの(2014年にマイナーチェンジ)。

加藤純一の購入したものは2代目カイエンの後期型。

4輪駆動、全幅は1940mmと日本で乗り回すには少し大きい。

ポルシェ・カイエンとは

ドイツの高級自動車メーカーであるポルシェが、初のSUVとして2002年に発売したのがカイエン。

SUVではあるが、ポルシェはスポーツカーと考えており、SUVらしいオフロード走破性を持ちながら、スポーツカーとしての楽しさも持ち合わせる。

近年のSUVブームにも乗り、今セレブの間で最も人気のある車種の一つ。あのカイエン青山こと斎藤佑樹さんが憧れていたことでも有名。

加藤純一は車に詳しくないので、斎藤佑樹経由でカイエンを知り購入したと考えられる。

同様の型式の車両が、中古車価格700-800万円程度で流通している(2021年11月時点)。

新車価格は1200万円から2000万円とされる。

加藤純一が過去に乗っていたマークXが新車価格400万円程度とされるため、3~5倍の価格帯の車となる。

当然、高級車に分類される。

通常の自動車のキーと異なり、カイエンのキーは、車のような形状をしている。

前のオーナーが赤・黒の二色のキーを仕立てて貰っていたため、加藤純一も二色のキーを所持している。

ホイールサイズは21インチ。

タイヤは295/35のミシュランLATITUDE SPORT 3。

アナログのタコメータやステアリングのスイッチ類など、情報が盛りだくさんでスポーツカーの雰囲気を醸し出している。

インパネ周辺も物理ボタン多めで、男の子の心をくすぐる設計。

コックピットを連想させるようなボタン配置となっている。

なお、加藤純一と懇意にしてくれている歌い手のオーイシマサヨシは、カイエンより格下のポルシェ・マカンに乗っている。

オーイシマサヨシは車愛に溢れる男なので、加藤純一の車への興味のなさには若干呆れていた。

バイアグラポルシェ

京都で風俗に行く際に服用したバイアグラを車に保管し、配信で「バイアグラポルシェ」と呼んでいた。

しかし後日嫁さんに捨てられてしまい、現在は普通のポルシェに戻っている。

父親も大喜び

加藤純一がカイエンに乗って実家に帰った際には、父親の蟹江が近所で自慢するほど喜んでいた。

なお、蟹江は母の遺産でトヨタの高級車クラウンを購入している。

参考:【伝説の大工】加藤純一の父、加藤純芳の生涯【蟹江】

傷を発見する

2021年10月、左フロントのフェンダーをこすったあとがあることに気が付く。

加藤純一自身は、「何者かに当て逃げされた」と配信で話している。

しかし、傷のつき方が当て逃げでつくものではないため、様々議論を呼んでいる。

このリプライは秀逸で、自損事故である可能性も否めない。

カイエンの傷を見つけたときの顔

修理には一カ月、30万円ほどかかるらしい。

大事に乗って欲しいものだ。

参考:館山ドライブアゴーゴー詳細ルート【聖地巡礼】

コメント

タイトルとURLをコピーしました